言語聴覚士(ST)って??~「食べる」編~

前回に引き続き、言語聴覚士(ST)という職業についてのお話しです。
言語聴覚士は、言語に関するリハビリだけではなく、
「食べる」という動作の訓練も行っています。
具体的には、食べ物を見て認識し、
口に入れ、噛み砕き、飲み込むといった一連の流れの訓練を行います。
今回は、その一部を例にあげて、お話ししていきます。

★早速ですが、皆さん、つばを飲み込んでみてください!

自然と舌が上に上がり、つばを、のどに向けて送り込んでいませんか??
もし、食べカスでいっぱいのお口から食べ物が気管に入ってしまったら…
細菌が肺に入ってしまい、肺炎を起こしてしまいます。
これを誤嚥性肺炎といいます。
このような事を防ぐためにも、言語聴覚士が、飲み込みの訓練をします。

(; ・`д・´);もちろん、歯ブラシなどでお口の中をきれいにすることも大切です。

具体的にどのような訓練があるのかというと、
水をしみこませ、凍らせた綿棒で舌の付け根などを刺激し、
飲み込みを誘発させる訓練などです。

また、訓練だけでなく、その方のお口の機能を評価して、
食べ物にとろみをつける工夫をしたり、
一口をどのくらいの量で食べたらいいかも考えます。

今回お話しした、言語聴覚士という職業は、普段あまり耳にしない職業ではありますが、
どんなことをする方達なのか、お分かりいただけましたか?
次回は、歯科衛生士という職業についておはなししていきます。

分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

↓↓電話をクリック↓↓

↓↓メールをクリック↓↓

関連記事

  1. 体が楽になる!?(マッサージ・ストレッチ・ツボのプロ??)

  2. 訪問看護って??その②

  3. 施設にお泊まり!!(後編)

  4. そんな事までできるの!?こころのその他のサービスについて

  5. 介護用品を安く借りられる!(その②)

  6. 理学療法士(PT)って??

オンライン無料相談