特別障害者手当って??

前回、生活保護でも受けられる加算についてお話ししました。

では、少しおさらいをします。
加算とは、
世帯に特別の需要がある場合に保護費を増額する制度です。
特定の条件を満たしていると保護費が増えるという制度です。

今回は、特別障害者手当についてお話ししていきます。
前回お話しした“加算”と、今回の“手当”は違うので、
混ざらないよう気を付けて下さい。

▼特別障害者手当の目的

精神又は身体に重度の障害を持っており、
日常生活において常に特別の介護を必要とする方に対して、
手当を支給することにより、福祉の向上を図ることを目的にしています。

▼支給を受けられる要件は?


精神又は身体に著しく重度の障害を有するため、
日常生活において常に特別の介護を必要とする
状態にある在宅の20歳以上の者。


病院又は診療所に継続して3か月を超えて入院、
または施設等に入所していない者。

★常に特別な介護が必要
★お家住んでいる
★20歳以上
この3つが重要なポイントとなってきます。

▼支給されるタイミング、金額は?

・支給月
毎年2月、5月、8月、11月の年4回に分けて支給
・金額
27,350円/月

特別障害者手当の要件や、支給金額は、お分かりいただけましたか?
次回、障害者のうち、どのような方が、特別障害者に当てはまるのか、
お話ししていきます。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

↓↓電話をクリック↓↓

↓↓メールをクリック↓↓

関連記事

  1. 介護保険サービスを利用するには??(後編)

  2. BPSD?認知症の2次的な症状

  3. 「家族葬のネクスト」さんで講演会

  4. 地域の方々との交流!!

  5. 住民税が非課税の場合に使えるサービス一覧 ☆

  6. 成年後見制度って??③

オンライン無料相談