骨粗しょう症の予防 その①

引き続き、骨粗しょう症についてお話していきます。

では、前回のおさらいです。
骨の役割とは、身体を支える以外に、
「カルシウムなどのミネラルの貯蔵」があります。
骨を壊してミネラルを血液に補充(骨吸収)し、
再び骨を作ることでミネラルを保存(骨形成)します。
骨粗しょう症では、
骨吸収が骨形成を上回ってしまい、骨がもろくなってしまいます。

骨粗しょう症の予防

・適度な運動
・日光浴
・禁煙、控えめなアルコール
・カルシウムを十分にとる
・ビタミンDやKをとる
・適度にタンパク質をとる

では、1つずつ見ていきましょう。

適度な運動 

骨は、負荷がかかるほど強くなる性質があります。
ウォーキングや階段の上り下りなど、
日常生活のなかでできるだけ運動量を増やしましょう。

日光浴

カルシウムの吸収を助けるビタミンDは、
紫外線を浴びることで体内でもつくられます。
30分程度散歩に出かけたり、夏であれば木陰で過ごすだけで十分です。
適度な運動と組み合わせると良いでしょう。

禁煙、控えめなアルコール

たばこの骨への影響

まず、ニコチンの作用で全身の血流が悪くなり、
カルシウムの吸収が妨げられます。
女性では、骨から血液中へのカルシウムの流出を防ぐ
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌も妨げるため、
より骨粗しょう症のリスクが高まります。
これらにより、喫煙している人の骨折リスクは、
喫煙しない人の約1.3~1.8倍になるといわれています。

過度な飲酒の骨への影響

お酒はカルシウムの吸収の面からは、
特に影響はないと考えられています。
しかし、お酒には利尿作用があり、
飲みすぎると体内に吸収されたカルシウムが
必要な分まで排泄されてしまうこともあるので注意しましょう。

次回は、骨粗しょう症の予防につながる食べ物についてお話していきます。

香川県の高松市、仏生山町で、施設や、高齢者住宅(有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅)、介護サービスの無料紹介(施設・老人ホーム探し)や、身寄りのない方やご家族が遠方に住んでいる方の身元保証・身元引受・連帯保証を行っています。医療・介護相談も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

↓↓電話をクリック↓↓

↓↓メールをクリック↓↓

関連記事

  1. お家でリハビリが受けられる!?(後編)

  2. 施設の種類~特別養護老人ホーム(特養)編~

  3. 体が楽になる!?(マッサージ・ストレッチ・ツボのプロ??)

  4. 日常生活自立支援事業の料金は?

  5. インフォームドコンセント??

  6. 訪問看護って??その①

オンライン無料相談