幻覚?人格が変わる?認知症の種類

引き続き、認知症についてお話していきます。
少し前回のおさらいをしていきます。

認知症の種類は大きく分けて4種類あります。
① アルツハイマー型認知症
認知症の中で最も多く
みなさんが1番聞き馴染みのある認知症の名前だと思います。
② 脳血管型(血管性)認知症
日時やタイミングによって症状の波がみられたり、
できることとできないことの差が大きい認知症です。

今日は、残りの2つについてお話していきます。

③ レビー小体型認知症
・パーキンソン症状
(小きざみ歩行、手足の震え、筋肉が固まるなど)
・「あそこに人がいる」などリアルな幻覚がある
・認知症全体の4.3%
幻覚や妄想といった症状が現れると、
認知症のお薬と抗精神薬を使う場合があります。

④ 前頭側頭型認知症(ピック病)
・同じ時刻に同じ行動をする常同行動
・認知症全体の1%
・以前と人格が変わってしまうこともある
理性や感情をつかさどる部分が損傷されるため、
以前はまじめだった方が、
万引きや痴漢で逮捕される場合もあります。

以上の4つが認知症の主な種類です。
認知症が原因で逮捕されてしまうというのは、驚きではないでしょうか。
このようなニュースがあった際、
「あの人は昔からああだったのかしら?」など
偏見をもってしまいがちですが、このような病気もあるということを
知っておくと良いと思います。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

↓↓電話をクリック↓↓

↓↓メールをクリック↓↓

香川県の高松市で、施設や、高齢者住宅(有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅)、介護サービスの無料紹介や、身寄りのない方やご家族が遠方に住んでいる方の身元保証・身元引受・連帯保証を行っています。お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 精神科に強い訪問看護ステーション

  2. 財産管理委任契約のメリット・デメリット

  3. 歯科衛生士の仕事って??

  4. 訪問看護って??その②

  5. 生活・習慣から認知症を予防しよう!③

  6. 食事による骨粗しょう症の予防(カルシウム・ビタミンD)

オンライン無料相談