障害者控除って?

これまで、障害者の加算や手当についてお話してきました。
前回のおさらいです。
障害者手帳には、3種類あり
①身体障害者手帳
②療育手帳
③精神障害者保健福祉手帳
があります。
障害者手帳を持つことでのメリットもあるので、
また、詳しくご説明していきます。
今日は、障害者控除についてお話ししていきます。

▼そもそも、控除ってなに?

課税の対象となる所得(収入から必要経費などを引いた額)
を計算するときに、一定額を差し引く制度を、
所得控除といいます。
その方それぞれの事情を考慮し、税金の負担を軽減することが目的です。

※必要経費とは?
必要経費とは、所得を得るために必要な経費のことです。
例えば飲食店の場合、食材費・水道光熱費などが必要経費となります。

必要経費を収入から差し引き、残った金額が所得となります。
★上の一文をみたらわかる通り、「収入」と「所得」は
違うので、お気をつけください!

▼(特別)障害者控除とは?

(特別)障害者控除は、所得控除の1種です。

所得税というのは、簡単に言えば
「(収入-経費-所得控除)×税率」
で求められます。

つまり
所得控除が大きければ大きいほど、
納めるべき所得税額は低くなる。
ということですね。

ところでみなさん、累進課税という言葉は聞いたことがありますか?
所得が大きいほど税金がかかるという仕組みですが、
算出方法や、それがどのように所得税に関係してくるのか
次回、お話ししていきます。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

↓↓電話をクリック↓↓

↓↓メールをクリック↓↓

香川県の高松市で、施設や、高齢者住宅(有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅)、介護サービスの無料紹介や、身寄りのない方やご家族が遠方に住んでいる方の身元保証・身元引受・連帯保証を行っています。お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 初めまして、まどぐち・こころの新スタッフです!

  2. バリデーションの5つの基本姿勢

  3. 作業療法士(OT)って??

  4. 認知症の方が困ることとは?

  5. 病気とお薬〜糖尿病②〜

  6. ケアマネジャーさんの合同勉強会にて

オンライン無料相談