知っていれば怖くない!認知症のいろは

これまで、税金や、負担額など、お金に関するお話をしてきました。
今日からは、認知症についてお話していきます。

現代の超高齢化社会において、
65 歳以上の 6 人に 1 人は、認知症とされています。
「私は大丈夫、関係ないわ」「身近に認知症の方がいて接し方が分からない」
「認知症について知っておきたい」など、
様々な考えを持つ方がいると思います。
自分や周囲の方のためにも、認知症という病気について理解し、
これからに備えましょう。

▼高齢ドライバーによる高速道路逆走事件

みなさん、こちらのニュースを覚えていますでしょうか?

80代の男性が、高速道路のインターチェンジで降り、
再び高速道路に乗ろうとした時、逆の車線に入り、
高速道路を逆走してしまった。という事件です。

男性自身、「なぜ逆の車線に入ってしまったのか分からず、
ただ自宅に帰ろうとしていた。」と話しています。

実はこの男性、事故後の検査で軽度の認知症であることが発覚しました。

65歳以上の高齢者による逆走運転は年間約200件、
そのうち約6割に認知症の疑いがあります。

また、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故も多発しており、
年間約2500件もあります。

▼認知症ってどんな感覚?

認知症でない方は、認知症になった方の感覚を理解するのは
難しいと思います。
分かりやすく例えると、
認知症の初期症状は、酒を飲んで
泥酔したときの状態に似ています。
認知症では、短期記憶をつかさどる
脳の海馬という部分の機能が低下します。
アルコールも同様に、海馬の働きを麻痺させてしまいます。
同じことを繰り返し言ったり、どうやって家に帰ったか覚えていないのは、
認知症の疑似体験とも言えます。

認知症は自分ではなかなかわかりづらいですよね。
次回は、認知症の初期症状のエピソードをお話していきます。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

↓↓電話をクリック↓↓

↓↓メールをクリック↓↓

 

香川県の高松市で、施設や、高齢者住宅(有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅)、介護サービスの無料紹介や、身寄りのない方やご家族が遠方に住んでいる方の身元保証・身元引受・連帯保証を行っています。お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. あけましておめでとうございます!

  2. 介護保険サービスを利用するには??(後編)

  3. インフォームドコンセント??

  4. 施設の料金が安くなる!?(前編)

  5. 4点セット、5点セット??

  6. 亡くなった後の事は誰がしてくれるんだろう…パート2

オンライン無料相談