施設の種類~ケアハウス編~

今回も”まどぐち”についてです!!
今日はケアハウスについてお話ししていきます(^^)
 ケアハウスには、一般型と介護型という2つの種類があります。
他の施設に比べて、比較的安い「軽費老人ホーム」に含まれます。

▼ まずは、「一般型ケアハウス」についてです▼

・独居生活に不安がある60歳以上の高齢者が入居できる高齢者向け住宅です。
・掃除、洗濯などの生活支援サービスや、食事の提供、
緊急時の対応を行ってくれます。
   ※介護サービスは含まれていません!!

▼次に介護型ケアハウスについてです▼

・介護保険法における「特定施設入居者生活介護」という施設です。
・原則65歳以上かつ要介護度1以上の方が入居できます。
・一般型のサービスに加え、食事や入浴、トイレなどの介助、
機能訓練や通院の付き添いなどの介護サービスが受けられます。

~メリット~

 ・他の施設に比べて、安く利用できます。
(; ・`д・´)なぜ?→国や自治体から運営補助資金を供給され、
主に社会福祉法人や医療法人などが事業主体となって経営しており、
公的側面が強いからです!
・また、所得次第では事務費が軽減され、
支払う月額利用料が安くなるので、低所得の方でも入居しやすいです。
介護型ケアハウスは、介護度が上がったとしても住み続けることができ、
施設によっては看取りまで対応しているところもあるので、
事前に確認しておきましょう。

~デメリット~

 一般型のケアハウスには、介護サービスが常設されていません。
つまり…介護が必要になったら外部のサービスを利用するか、退去する必要があります。
※介護度が低い場合は、外部の介護サービスの利用で対応可能です。
・ケアハウスは、他の施設に比べて比較的人気で利用者数や入居希望者数が多いため、
希望してもすぐに入居できるとは限りません。

ケアハウスについてお分かりいただけましたか??
次回は、介護老人保健施設(老健)についておはなししていきます。

なにか不明点があればお気軽にご連絡ください。

↓↓電話をクリック↓↓

↓↓メールをクリック↓↓

関連記事

  1. 施設の種類~介護老人保健施設(老健)編~

  2. 施設の種類~特別養護老人ホーム(特養)編~

  3. 訪問看護って??その②

  4. 施設にお泊まり!!(後編)

  5. 当社がラジオデビュー!?

  6. 介護用品を安く借りられる!(その②)

オンライン無料相談